薔薇

春ですねぇ。ばらの季節ですね。

この季節になると、園芸店めぐりが始まり、あれよかれよと12株のばらの苗をお世話することになってしまった。

その一つが、写真のレーヌヴィクトリア(多分)というもの。

7年ほど前に新株を購入し、植樹。開花時期は早く、我が家では黄モッコウバラに次いで2番目に咲き始める。

ショッキングピンクの元気な花をつけ、若々しさ満開なのだが、何せ病弱なのである。

壁がちょうどいい感じで風を遮り、風通しは最悪。葉っぱは大きくなっても、新芽のように黄緑で、柔らかく、いつまでも初々しい。青虫からみたら、さぞかしみずみずしい葉っぱなのだろう。

毎年黒点病にやられ、一番花、二番花以降は、ほぼ葉っぱは黒く変色する。やせ細った茎に、開かない花のつぼみ。別の場所に移植しようか、でも、何度も植え替えで失敗しているし…。という具合で、年月だけは過ぎていったのだった。

それが、今年、見てください、この緑!この時期まで葉っぱが残っているのは今年が初めて。

「きれいでしょ。大きくなったでしょ。こんなに体が丈夫になったんだよ」

ついでに言えば、「お母さん、もう心配しなくていいよ」と言っている感じ。

人間の子どもも同じなんだろうな。未就学児のころは、体が弱くて、この子は大丈夫なのだろうか、と思っていても、小学校に入るととたんに熱を出さなくなる。

薬のおかげでもなく、親のおかげでもなく、子ども自身の生命力で成長していく。子どもの生命力をもっと信頼してもいいのかもしれない。ついつい心配のあまり口を出してしまうことも多いが…。

でも、正直、黙っているのって辛いのよねぇ。う~ん。

間々田八幡宮

久々の栃木県情報です。

小山市南部の間々田地区、国道4号から少し入ったところに知る人ぞ知る神社「間々田八幡宮」があります。ここは創建1300年の由緒ある神社で、周囲は公園になっており、地元の人々の憩いの場ともなっています。

実はこの神社、入浴スペクタル映画「テルマエ・ロマエⅡ」の相撲のシーンのロケに使われた土俵があり、駐車場わきの掲示板にはそのときの写真や、阿部寛さん、上戸彩さんのサインも掲示されています。

そしてもうひとつ特筆すべきことは…ワンちゃんネコちゃんのための(たぶんそれ以外の動物でも?)御守り(肉球型)を販売していることです。もうすぐ13歳を迎える我が家の愛犬のために、ひとつ買い求めました。

参道脇の弁天池をバックに

これがペットのおまもりだ!
テルマエ・ロマエⅡ
撮影風景
例の土俵
背後の階段状の石垣に座って
ヒロイン真美と両親が相撲観戦したのでしょう
右手奥が本殿

最近のチャイルドラインとちぎ

新型コロナ感染症のため3年続いた行動制限が解除されて、初めてのゴールデンウィーク。皆さま、どのように過ごされたでしょうか。

現在、感染者数は徐々に減少の傾向にあります。おかげさまで、チャイルドラインとちぎもコロナ発生以前の日常をとりもどしつつあります。

4月10日(日)には、念願だった昭和大学大学院准教授・副島賢和さんを講師にお迎えし、対面で公開講演会「共に生きる子どもたちを育むために」を開催しました。会員・一般90名の参加がありました。昭和大学付属病院・院内学級の教員として入院中の子どもたちとのふれあいのエピソードは、どれも心を打つ感動的なものでした。まさに“対面ならでは”のものだと思います。

4月23日(土)には、チャット受け手養成講座に先駆けて、会員向けにZoomを利用した研修が行われました。講師は、チャイルドライン「もしもしキモチ」代表理事・岡田健一さんです。「オンラインで子どもの声を聴く」をテーマに、文字による子どもとのコミュニケーションについて学びました。こういったお勉強系では、集中して取り組むことができるのがZoomの強みでしょうか。

コロナ発生以前は、毎年GW最終日に行われていたチャイルドラインとちぎ主催のチャリティ・ゴルフコンペ、残念ながら今年も開催できませんでした。

ですが、5月22日には「フェスタmyうつのみや」開催が決まり、私たちチャイルドラインとちぎも参加することになりました。

少しずつでも活動の機会が増えるのは、うれしいことです。一日も早いコロナ感染症終息を願うばかりです。

新学期から1か月

新学期が始まってから1か月がたとうとしています。

新しい環境で、緊張したりワクワクしたり不安になったり…

そんな気持ちになった子どもたちも多いのでは。

このゴールデンウイークで一息つけたらよいですね。

チャイルドラインは連休中も変わらず、子どもたちからの電話を待っています。

モッコウバラ

栃木では桜の季節は過ぎましたが、花々が次々と咲きます。花の季節の到来です。

ご近所ではモッコウバラの垣根に可憐な花が次々と開き、目を楽しませてくれます。分けていただいた小枝を描いてみました。

魔法のように顔を出してくれる球根のチューリップ、木々の花々。植物ってすごい。

しばらくお休みだった近隣小学校の本の読み聞かせも復活し、校庭の花壇にはいろとりどりのパンジーが咲いていました。子どもたちを見守るように。

みんなが健やかな新学期を過ごせますように。

               

育ててくれてありがとう 映画上映のお知らせ

東京で、映画「育ててくれて、ありがとう」の上映会があります。里子への真実告知がテーマの話です。詳細は、下記のとおりです↓

■公式ホームページ
https://sodatetekurete-arigatou.jimdofree.com/ h

■予告編
https://youtu.be/Zu4bkuypcyo

■Twitter
https://twitter.com/sodatetekurete

■上映日時
・4月15日(金) 19:00開演(開場 18:30)
・4月16日(土) 15:00開演(開場 14:30)
・4月17日(日) 11:00開演(開場 10:30)

■入場料
・一般 1,500円
・シニア/学生以下 1,000円
・前売り予約 12,00円

■前売予約フォーム
https://form.run/@seisaku-sunshine-1646719287

■上映劇場【シネマハウス大塚】
劇場所在地 :
東京都豊島区巣鴨4-7-4-101
JR大塚駅北口徒歩7分
(折戸通り 都立文京高校正門前)

■劇場アクセス
https://cinemahouseotsuka.com/access

■印刷用に高画質のチラシPDFが必要な方は、下記ギガファイル便より、ダウンロードしてください。

・映画「育ててくれてありがとう」 チラシ表面(高画質)
https://1.gigafile.nu/0524-d722ebd40b8308026215bba9b3912de69

・映画「育ててくれてありがとう」 チラシ裏面(高画質)
https://1.gigafile.nu/0524-b5000a374584ccaffec73fa1b64c515ca

全国研修 子どもの権利

かつてチャイルドラインでは、全国フォーラムと東京で開催される全国研修が隔年で実施されていました。このたび、久しぶりにオンライン(Zoom)で全国研修が実施され、全体で65人ほどの参加がありました。

日 時:3月19日(日) 13:00~16:00

【前半 講演会】
〇講 師:金子由美子さん
・NPO法人さいたまユースサポートネット理事
・特定NPO活動法人チャイルドライン支援センター理事 他
・元埼玉県公立中学校養護教諭
〇テーマ:コロナ禍で顕在化した子どもの生きづらさ ~子どもの権利条約と社会情勢・新しい視点の勉強会~

不遇な環境で生活することを余儀なくされる子どもたち、トラブルに巻き込まれてしまった子どもたちの実情やそれに対する大人のかかわり方、支援の実態など、メディアでは報道されない詳細をうかがうことができ、具体的でよかったです。同じような悩みの子どもたちから相談を受けたときに、背景が理解しやすくなり、共感しやすくなると思いました。

告知から実施日まで期間が短く、参加したくても都合がつかない方が多かったことから、期間限定で4月1日~4月22日まで、チャイルドライン関係者のみYoutubeで視聴できます。事前に配布される資料はとてもわかりやすくまとめられており、視聴前に目を通されておくことをお勧めします。

【後半 グループディスカッション】

  • 子どもアドボカシーについて 
  • 救済制度とのかかわりについて
  • 子どもが守られる地域づくりについて
  • 子どもの自死(希死念慮)について
  • 家庭の状況(親子関係・虐待)について
  • 学校・友だち関係について
  • ヤングケアラーについて

各グループ6人ほど(参加者の多いテーマは2グループで)、1時間近く話し合いが行われました。ファシリーテーターの方が上手に進めてくださったので、こういった話し合いでありがちな消化不良を起こさないで済んだのは、本当にありがたいことです。そして、ほとんどのグループが「チャイルドラインは子どもの心を受けとめてあげられる貴重な場」ということを改めて確認した、ということでした。

世界自閉症啓発デー

あまり知られていないかもしれませんが…毎年4月2日は国連が制定した「世界自閉症啓発デー」です。

そして日本では毎年4月2日~8日は発達障害啓発週間と定められています。

毎年、この時期になると日本各所で自閉症啓発イベントが開催されています。

東京タワーも4月2日には自閉症のシンボルカラーのブルーにライトアップされるそう。栃木県でも栃木県庁昭和館がブルーライトアップされるそうです。

その他にも栃木県自閉症協会さんが、県内各所で啓発パネル展を開催します。

自閉症(自閉スペクトラム症)、発達障害を知ることや理解することで誰もが暮らしやすい社会につながっていくと良いですね。

啓発パネル展などの情報はこちらから

https://www.facebook.com/asdtotigi/

3月の理事会

今月も理事会をzoomで開催しました。

総会後初の理事会で新理事の2名も参加、頼もしい限りです!

日々の活動の情報共有や研修について、そして公開講演会の役割分担やコロナ対策などについても話し合いました。

特にコロナ対策については活発に意見が飛び交いました。

最後はそれぞれの近況報告で理事会を終えました。